丸山眼科医院

前橋市南町の眼科 丸山眼科医院

〒371-0805 群馬県前橋市南町3丁目59-4
TEL 027-223-5941

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

初診の方へ

初めて診療を受ける方へ

目に関しての相談になりたい事、心配な事などございましたら、まずは受診してください。
明らかな症状がある場合は、どちらの目なのか、いつからなのか、今までどんな治療をなさっていたかなど、
少しでも多くの事をお教えいただけるほうが診断の助けとなりますので宜しくお願い致します。
また使用なさっている薬や、使っている眼鏡もご持参ください。

 

診療対象となる症状

眼科の症状うち一番重要なのは視力障害です。黒板の字や、運転の時などの遠方視力障害なのか、
細かい新聞の字などの見にくい近方視力障害なのか、両方なのか、片眼だけなのか、両眼ともになのか、
いつから見にくいなのかなど詳しくお聞きします。
いずれのにせよ自分の症状は、自分なりに整理してお話できるようしてください。

 

診察・検査の進め方

眼科の検査の第一は視力検査です。そのために、近視、乱視、遠視等の屈折の程度を測定します。視力検査はまず眼鏡なしの裸眼視力を測り、次に屈折検査を参考にして、検眼レンズでの矯正視力を測定致します。
お持ちになった眼鏡での矯正視力も測ります。矯正視力が良好ならば厄介な眼の病気はなく、まずは安心と思います。
次に眼圧測定です。眼球の内圧(硬さ)を眼球の表面に風を当てて測ります。眼圧が高いと緑内障の心配があります。
その後は、医師が顕微鏡にて眼の表面から眼球の中(眼底)まで観察します。より精細な眼底検査には点眼薬(散瞳薬)をさして瞳を拡げて行います。必要に応じて眼底三次元画像解析装置(OCT)を使用いたします。散瞳致しますとその日はまぶしくてかすんでいますので、その日の予定に差しさわりが有りそうな方は申し述べください。
 以上のような一般的な検査では、特に痛いことはなく、光で眼球を照らして観察する時は少々まぶしいかもしれません。その後処置が必要な場合は、まずは麻酔薬を点眼をして痛みを無くしてから行いますので、怖いかもしれませんがよろしくお願い致します。