院長紹介

丸山明信 医師

院長丸 山 明 信

「患者さん第一」をモットーに
常に眼の健康に何がベストかを考えて

私の診療理念は、「患者さん第一」であります。
そして、眼科医師としては何よりも「眼の健康にとって何がベストなのか」を考えて診療しております。

種々の情報が飛び交う今日、誘惑的な情報も多く、そしてその真偽はどうなのか困惑するばかりではないでしょうか?

今までの私の45年以上の臨床経験からそれらの表と裏(光と影)の部分が見えてきます。私もこの年齢になりますと、どうしても保守的、消極的になりますが、息子とともに診療いたしますので新しい眼科診療技術を十分取り入れながら患者さんと向き合っていきたいと思います。

経歴等

略 歴
昭和41年群馬県立高崎高校 卒業
昭和48年群馬大学医学部 卒業
昭和52年群馬大学大学院医学研究科 卒業
昭和54年伊勢崎市民病院眼科 医長
昭和59年
4月
丸山眼科医院開業
平成15年
11月
前橋市医師会理事
平成23年
5月
群馬県眼科医会 会長
資格・所属学会
  • 医学博士
  • 日本眼科学会認定専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター

専門とする疾患

群馬大学眼科教授清水弘一先生の薫陶を受け、主に眼底疾患を学んできました。眼底の病気には高血圧、糖尿病などの全身疾患の一部としての病変から、緑内障を示唆する視神経乳頭陥凹拡大、加齢による黄斑変性と多彩であり、視機能に直結する病態であります。現在三次元画像解析装置(OCT)を導入し、患者さんにも納得していただいております。

そのほかに近視、乱視、遠視などによる眼鏡やコンタクトレンズによる矯正の問題、コンピューターなどの端末機器の凝視による眼精疲労やドライアイの訴えなども多くなっております。

また、地球環境悪化による紫外線障害も注目されてきております。
新生児からお年寄りまで、目のことなら何でもご相談ください。

医師紹介

丸山登士先生

丸 山 登 士

眼の治療だけでなく
末永く健康な眼で過ごせるように

前橋市で生まれ育ちました。両親の姿をみて眼科医の道を歩み、群馬大学の眼科にて眼科の基礎を勉強しました。
その後、日本でも有数の症例数を誇る施設にて、目の表面である角膜の領域の専門的な外来を担当しました。

高齢化社会のなかで眼の病気を治すことだけでなく、皆さまが永く健康な眼でいられるようご提案できるようなクリニックを目指します。

生まれ育った地域にできる限り貢献できるよう精進してまいります。

経歴等

略 歴
平成8年群馬県立前橋高校 卒業
平成14年東京医科大学医学部 卒業
平成14年東京医科大学病院 麻酔科
平成17年群馬大学病院 眼科
平成19年上尾中央病院 眼科 医長
平成20年館林厚生病院 眼科 医長
平成23年群馬大学大学院医学系研究科 卒業
平成25年三栄会ツカザキ病院 眼科 医長
(角膜・円錐角膜・ドライアイ担当)
平成31年丸山眼科クリニック
資格・所属学会
  • 医学博士
  • 群馬大学眼科非常勤講師
    (円錐角膜・コンタクトレンズ外来)
  • 三栄会ツカザキ病院 眼科 顧問
  • 日本眼科学会認定眼科専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 日本抗加齢医学会認定医
  • 日本旅行医学会認定医
  • 日本角膜学会
  • 日本コンタクトレンズ学会
  • 円錐角膜研究会
  • ドライアイ研究会
  • LIME研究会

丸山千愛里 医師

丸山 千愛里

略歴

昭和41年群馬県立前橋女子高校 卒業
昭和47年昭和大学医学部 卒業
昭和47年群馬大学医学部眼科学教室 入局
昭和59年丸山眼科医院

資格・所属学会

  • 日本眼科学会認定専門医