日帰り白内障手術

白内障とは

白内障とは目の中の水晶体という組織、目をカメラに例えるならレンズにあたる部分が白く濁ってしまう状態です。
50歳台から徐々に増えてきて、60歳代では6~7割、80歳代ではほとんどの方が白内障を発症していると言われています。

年齢による原因以外にも、目の怪我やアトピー性皮膚炎、糖尿病などの全身疾患、ステロイドなどの薬物が原因で生じる場合もあります。

白内障が極軽度の場合は点眼薬を処方する場合もありますが、点眼薬は白内障の進行を抑制させるためのもので、症状を改善したり、視力を回復させることは出来ません。白内障が進行した場合や、日常生活に不自由を感じるようであれば手術を行います。

当院では最新鋭の超音波白内障手術器械による小切開手術で日帰りの手術が可能です。
両眼手術する場合は、約1週間あけて片目づつ手術します。

白内障の代表的な症状

白内障になると、主に次のような症状がでてきます。

  • 視力の低下
  • まぶしさを感じる
  • かすむ
  • 全体的にもやがかかったように感じる
  • 物が二重に見える

※上記の症状が必ずしも白内障の症状というわけではありません。他の疾患でも同じ症状が現れる場合があります。

白内障の治療と手術

白内障が極軽度の場合は点眼薬を処方する場合もありますが、点眼薬は白内障の進行を抑制させるためのもので、症状を改善したり、視力を回復させることは出来ません。

白内障が進行した場合や、日常生活に不自由を感じるようであれば手術を行います。

当院の白内障手術

白内障手術は、約2–3mmの切開創から濁った水晶体を超音波乳化吸引装置にて吸引除去し、折りたたみ式の眼内レンズを埋め込む手術をおこないます。(所要時間:10分程度)

手術の手順

(1)水晶体前嚢を切開する

(1)水晶体前嚢を切開する

(2)水晶体の中身を吸引

(2)水晶体の中身を吸引

(3)眼内レンズの挿入

(3)眼内レンズの挿入

(4)眼内レンズの固定

(4)眼内レンズの固定

眼内レンズ

単焦点眼内レンズ(保険診療)

通常はこの単焦点レンズを選択します。
単焦点眼内レンズでは、1つの焦点しか合わないために、遠くのところにピントを合わせた眼内レンズを入れた場合には、近くを見るときにはメガネをかける必要があります。
逆に近くのところにピントを合わせた場合には、遠くを見るときにメガネをかける必要があります。

手術前の検査時にご希望をお聞きしますのでご相談ください。
術後のメガネは状態が落ち着いたら処方します。

単焦点眼内レンズの見え方

多焦点眼内レンズ(自費診療)

多焦点眼内レンズの見え方多焦点眼内レンズはなるべくメガネを使わないで済むように、ピントが遠くと近くに合う特殊な構造をした眼内レンズです。

多焦点眼内レンズにはメリットだけでなく、費用が高額であったり、ハロー・グレアといったデメリットもあります。

多焦点眼内レンズには色々な種類がありますので、ご自身のライフスタイルに合った眼内レンズを選択できるように、詳細はご相談ください。

メリット

近くと遠くにピントが合うのでメガネへの依存度が減ります。

デメリット
  • 自費診療となりますので費用が高額となります。
  • ピントがやや甘くなったり、薄暗い場所で、細かい文字がみえにくい場合があります。
  • ハロー・グレアといって夜間のヘッドライトやネオンサインの光がにじんでまぶしく見える事があります。
  • 人によっては慣れるまでに時間がかかります。

当院では"手術が怖い"、
"痛いのが不安”という
方のために
低濃度笑気ガス麻酔を
併用しています。

笑気麻酔

笑気には鎮静作用に加えて鎮痛作用があります。低濃度笑気ガス麻酔を用いると、手術中に程よく力が抜けてリラックスできる状態になると共に痛みを感じにくくなります。

ガスを止めればすぐに麻酔効果がなくなります。虫歯治療などで子どもにも使用される安全な麻酔方法です。

当院には麻酔科標榜医の資格をもった医師が在院しておりますので安心して実施可能です。
ご希望の方はお気軽にご相談下さい。