IPL治療

マイボーム腺機能不全(MGD)

近年、ドライアイの原因としてマイボーム腺機能不全が注目されています。

まぶたの裏側にはマイボーム腺という器官があり、涙の油分を分泌しています。
このマイボーム腺の出口(まつげの生え際にある開口部)が細菌感染などによってつまると、涙に必要な脂分が十分に分泌されず、涙の成分バランスがくずれて、目が乾きやすくなったり、涙目になったり、炎症が起きたりします。これをマイボーム腺機能不全(MGD)といいます。

涙は99%の水(液層)と1%の脂(油層)からなっており、最近の研究において、「脂が足りないタイプのドライアイ」がドライアイ全体の86%以上であるというこ とがわかりました。脂が足りなくなる最も大きな原因がこのマイボーム腺機能不全(MGD)と言われています。「脂が足りないタイプのドライアイ」は、点眼治療では改善しない場合が多いのです。

 

  • 1)DEWS II report, Ocular Surface, 2017Lemp, et al. Cornea. 2012 May;31(5):472-8.

IPL(Intended Pulse Light)とは

M22当院では、マイボーム腺機能不全の治療としてルミナス社製の最新機種であるM22を用いたIPL治療を導入しました。
IPL(Intended Pulse Light)とはWhite Lightの1つでアークランプを応用したテクノロジーです。

アークランプから発した光が直接またはリフレクターで集光され、特殊フィルター介することにより特に皮膚に紫外線領域の光をカットし、可視および近赤外線領域の広いスペクトルをもちます。

この光をトリートメントヘッド先端から患部へ照射します。照射光は熱エネルギーに変換され皮膚内部に温熱効果をもたらします。

IPLの治療イメージ

このIPLをマイボーム腺近傍に照射する事によって、マイボーム腺機能不全(MGD)の原因となるマイボーム腺の閉塞やその周囲の感染、それらに伴う炎症をターゲットに治療することが可能と考えられており、最新の国際的ドライアイコンセンサス(DEWSⅡ 2017)にもIPL治療は選択肢の1つとして組み入れられています。

※M22は美容皮膚科などで導入されている、美肌治療のフォトフェイシャル®のための治療機器でもあります。

  • 1)Jones L. et al. Ocul Surf. 2017; 15(3): 575-628

治療費用

MGDに対してのIPL治療は、原則的に590nmのフィルターを使用し、3週間ごとに4回の施行をおすすめしています。
単回での施行も可能です。※保険外診療となります。

1回8,000円(税別)
4回30,000円(税別)

よくある質問

Q

治療間隔、治療期間は、どれぐらいですか?

A

治療間隔は、3~4 週間おきに、4回以上実施すると効果が高いというエビデンスがありますが、ドライアイの重症度と罹患期間によって治療期間が異なります。8回目で劇的に効果が出た患者様もいらっしゃいます。

Q

化粧はしていても大丈夫ですか?

A

IPLを照射する際は、お化粧は落としていただく必要があります。IPL 照射後は、すぐにお化粧をしていただけます。紫外線からの刺激を防ぐために、お化粧をしないで帰る方は、日焼け止めをお使いください。

Q

施術は誰が行うのですか?

A

看護師やスタッフに冷却ジェルを塗る等の準備をしてもらうこともございますが、施術は医師が行います。
ドライアイ治療の施術時間は、おおよそ3分程度です。

Q

一般的な施術の流れはどのような感じですか?

A

メイク落とし → 冷却ジェルの塗布 → 施術 → メイク になります。
メイク落としから、ドライアイIPL治療のトータル時間は15分程度です。

Q

副作用はありますか?

A

ルミナス社が設定している基準値(日本人であれば 12 ジュール/cm2 からスタートし、14 ジュール/cm2 程度まで)を守って施術していれば、特に副作用はありません。基準値を超えたパワーで施術するときはやけどのリスクが高まります。

Q

白内障手術や、レーシック手術を受けたことがあるのですが、施術は可能ですか?

A

はい。可能です。手術前後にドライアイ治療をすることにより、手術の治療結果が良くなるという発表も海外で出てきました。

Q

美容整形をしたのですが、施術はできますか?

A

手術が終わり、炎症が完全に治まっていれば施術は可能です。ただし、美容インプラントなどを入れている場合は、推奨できません。

Q

施術時に痛みはありますか?

A

痛みは患者様の敏感度や日焼けの度合い等によって異なりますが、輪ゴムに弾かれた程度の痛みや刺激を感じる場合が多いです(色白の方が刺激を感じにくいと言われています)。麻酔は行いません。

※引用元:LIME研究会「M22 IPL よくある質問」より