円錐角膜治療

円錐角膜について

円錐角膜は目の表面の角膜が前方に突出する疾患です。
まれな病気と思われていましたが、診断機器の発達でごく早期でも発見可能となり、最近では500〜2000人に1人の割合でいるといわれています。

典型的には思春期(13〜18歳)に多く発症し、30歳くらいまでは進行すると言われていますが、中年以降にも進行する例もあります。

原因はいまだに不明ですが、アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患が素因にあるといわれています。
眼をよく擦る習慣(癖)がある人に特に起こりやすいのでそういう人は注意が必要です。

円錐角膜の疑いがある人は?
  • メガネを合わせても視力がでにくい人
  • 左右の視力に差がある人
  • メガネの度数がどんどん変わっている人
  • 強い乱視がある人
  • アトピー性皮膚炎、喘息などのアレルギー疾患がある人
  • 睡眠時無呼吸症候群がある人
  • 目をよく擦る人

円錐角膜と正常眼

円錐角膜の治療

ハードコンタクトレンズによる円錐角膜の治療軽度の場合は通常のメガネやソフトコンタクトレンズでも視力矯正可能です。
中等度以上になるとメガネでの矯正ができなくなり、ハードコンタクトレンズによる視力矯正が必要となります。

ハードコンタクトレンズは入れた時に違和感がつよい印象をお持ちの方が多く、敬遠されがちですが、当院ではサンコンタクトレンズ社と協力し、テストレンズを豊富に取り扱っております。
またその場で加工してできるだけ目にあったレンズを作成可能です。

専門外来の日を設けていますのでお気軽にお問い合わせください。